MENU

とってもリーズナブルなアンチエイジングケアの方法を紹介します。

こんにちは。
今日は、私が行っている簡単に出来るアンチエイジングのスキンケアについて書きたいと思います。

 

目次

スキンケアについて

まず、私の場合は、化粧品や化粧水などのスキンケア商品は市販のものを使用しています。
現在使っているスキンケア商品は、肌ラボの極潤シリーズです。

 

あと、マツキヨや東急ハンズに売っている、「フェイスマスクルルン」という毎日パックするものを使用しています。
価格もリーズナブルで、誰でも簡単にフェイスパックが出来るので、これはオススメです!

 

 

アンチエイジングスキンケアの手順は、お風呂に入った後や洗顔後、顔全体に化粧水をたっぷりつけます。

 

このときに、顔から首のリンパをつたって、デコルテ(鎖骨の辺り)までマッサージするように化粧水を付けます。

 

強くこすったり、叩き込んだりするのではなく、優しく手のひら全体で顔を包み込むように化粧水をつけることが重要です。

 

顔の皮膚が冷たくなったら化粧水がちゃんと浸透した合図です。

 

もし、まだ温かさを感じる場合はもう一度化粧水を優しく付けます。
だいたい、2回ほどで化粧水は浸透すると思います。

 

 

そして、化粧水が顔全体に浸透したら、フェイスマスクをします。
フェイスマスクは10分~15分を目安にします。この目安の時間以上放置してしまうと、逆に肌を傷つけていまい、乾燥肌になったり、ニキビや吹き出物出てしまったりするので注意してくださいね。

 

フェイスマスクをしているときに、その上からサランラップ(市販のラップで大丈夫です)を巻くと、効果もアップします。
目元と鼻の部分はハサミで穴を開けて、密着するようにしっかりと巻くことがポイントです。

 

時間が経ったら、今度は保湿クリームまたは乳液をつけます。
保湿クリームがあれば乳液の前につけます。
なければ乳液だけでも大丈夫です。

 

このときに顔と首、デコルテをマッサージをしながら乳液をつけます。
顔全体に乳液をつけたら、目の周りを指でなぞりこめかみへ流します。

 

そして、小鼻の横のくぼみからほうれい線をなぞって頬をリフトアップするイメージで、親指を使ってぐいっと上げます。
この動作を三回行ったら、四回目でこめかみに流します。

 

そしてそのまま、手のひら全体でこめかみから首のリンパにかけて流すようにしてください。
これで顔にたまった老廃物をリンパに流します。こうすることで、ニキビや顔の黒ずみが改善されて、明るく若々しい肌を作れます。

 

 

みなさん一緒に頑張りましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる