MENU

ウォーキングでどれくらい痩せる?ダイエットの効果は?食事フォロー

わたしは結婚してから半年で5kg増えてしまいました。
仕事を辞めて動く範囲が狭まったのと、間食をしたり、運動をしなくなったからです。

ですが、「このままでは、ブクブクになってしまう…!」と怖くなり、ダイエットを決意。
半年で3キロ減りました。
そのやり方をご説明します。

数多くのダイエット方法がありますから、どれを選ぶべきなのか、迷いますね。
これを食べれば痩せる!とか、これを巻いたら痩せるベルトとか、ヨガ、運動、野菜ダイエット、黒酢ダイエット、などなど他にも沢山のダイエット方法があります。

健康的に痩せたいなら、どれか1つをやるのではなく、総合的に良いものを取り入れましょう。
運動もして食事のバランスも整えて、健康的に痩せることが一番望ましいです。

ダイエットは「ただ痩せる」ということではありません。
食事を抜いて、痩せればOKということではありません。
そうすれば、確かに体重は減るかもしれません。
けれど、体に良くありません。

今はそれでいいと思うかもしれませんが、長い目で見たときに、自分が60歳を迎える頃になるとその反動がきます。

無理をして食事量を減らすと、体に栄養が回らないので、必ず食事は摂りましょう。

ダイエットをするときには、「続ける」ことが一番大事です。
わたしは、自分一人では続かないと思ったので、主人と一緒に始めました。

ウォーキングで体脂肪燃焼効果を高めるには?カロリー消費を促す

運動とは、週に1回主人と同じ趣味のバスケをしています。
1回2時間たっぷりと汗を流します。
残りの週6日はウォーキングです。

ウォーキングはあまり長い間歩いたりすると疲れてしまって、結果続かなくなってしまうので、だいたい2キロ弱のコースを歩いています。

わたしのウォーキングでのポイントは、ただ歩くだけではなく、走ったり、歩いたり、スキップしたりをそれぞれ繰り返します。
そうすることで、短時間、短距離でも汗をたっぷりかき、脂肪燃焼効果が高まります。

ただ同じ動きを2キロ動いているよりも、変化を付けた運動の方が、体に負荷がかかります。
また、ずっと歩いているだけよりも楽しいですよ。

脂っぽい食事が好き

わたしはファーストフードが結構好きで、毎日では無いですが、週に1回くらいは食べたくなります。

また、普段の食事も、以前は脂っぽいものを作ることが多かったです。
更におかずの量も多くて、確かにこれを食べていたら太るなという感じでした。

食事を少しヘルシー志向に変えてみました

まず、脂っぽい食事をとらないというのは難しいので、肉を食べたら必ず野菜を入れるということから改善してみました。

例えば、生姜焼きでしたら、肉と生姜だけではなくて、そこにしめじと玉ねぎを入れて炒めます。
油は、糖質ゼロのオリーブオイルを使います。

ここでのポイントは、少ない肉の量を野菜でかさ増しさせることです。
肉があまりに少なすぎてもエネルギーにはなりませんので、だいたい野菜と肉を半々で作ります。
そうすると、野菜たっぷりで肉は適度にをキープでき、どの食事も飽きずに食べることができます。

肉でお腹を満たすのではなくて、野菜で満たすという考えです。
よく噛んで、満腹感を感じることが大切です。

キレイに痩せるには、やっぱり和食

また、和食の献立が一番良いでしょう。
わたしは納豆と豆腐を毎日食べています。

豆腐は冷たいものだと体を冷やしてしまいますので、湯豆腐にしています。
あなたも、納豆と豆腐は必ず毎日食べるようにすると良いでしょう。

豆腐を食べることでも結構お腹が満たされるので、お肉と一緒に湯豆腐を食べると少ないおかずの量でも満腹感があります。

健康的な食事をして栄養をとって、野菜と大豆食品を多く食べることを毎日続けていると、体が脂肪の付きにくい体質になります。

その健康的な食事プラスして運動をすれば、更に体重の減りが早くなりますよ。
あなたも健康的にダイエット!
ぜひ試してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる