MENU

紫外線シャットアウト!効果的なシミ対策は?できてしまったシミは?

スキンケア・若い女性美白になるためには外側と内側からしっかりケアしてあげることが必要です。
お肌は20代を過ぎたころからだんだんと衰え始め、シミやそばかす、くすみが気になってきます。
お肌には紫外線が大敵です。

 

 
美白になりたいならまずは絶対に焼かないこと。
紫外線は大量のメラニン生成を促してシミやそばかすの原因になってしまうんです。
また、体の奥に入り込んでシワやたるみなど肌の老化にもつながります。

Print
日焼けをしないためにもしっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。
日焼け止めは2時間に1回くらいのペースでこまめに塗るのが良いですよ!

 

食事にも気をつけて!美白効果の高い食べ物とは?

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s

また、ビタミンCビタミンEなどを含む野菜や果物を摂取して身体の内側から美白しましょう。
リコピンを含むトマトやビタミンを多く含むキウイは美白効果の高い食べ物としても有名ですよね。

790155ae7144c26cf552497025e858e5_s
食べ物だけでは補えない場合はサプリメントもおすすめです。
いろんなサプリメントが売ってますし、気軽に飲むことができますよね!
美白ケアをしっかりとしてキレイな肌をめざしましょう!

 

美白に効果的な美容成分は?

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_s

美白化粧品といっても、使う目的によって正しい選び方をすることが大切です。
美白化粧品を使おうと思っている人は、シミで悩んでいるという人も多いと思いますが、
美白美容成分について知ることでもっと効率良くできてしまったシミを撃退できますよ。

 

 

美白成分で有名なのが、ビタミンC誘導体とハイドロキノンです。
どちらも、できてしまったシミにとても効果的です。

 

ビューティー

しかし、効果が高い一方で肌への負担も大きいのがデメリットでもあるんです。
ビタミンC誘導体は肌を乾燥させやすくしてしまうので、
選ぶなら保湿成分も一緒に配合されている美白化粧品を選ぶと、
肌への負担も軽くて良いですよ。

 

 

 

この2つの成分はできてしまったシミを早く消したい人や、
ニキビや日焼けなどの炎症が起こっていない正常な肌の時に使うのが良いです。

 

参考:新安定型ハイドロキノン配合!皮膚科医が開発した美白コスメとは?

 

シミが気になるけど、敏感肌でできれば低刺激な美白美容成分が使いたいという人には、
アルブチンやエラグ酸、プラセンタなどの美白成分が肌への負担が少なくておすすめです。
美白成分選びで悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

 

30代を目前にして、肌のくすみやシミが目立ってきた

8be09fc1007825a7962a5d6b5a70a719_s

私が最初に使った美白美容液はオルビスのものでした。
それまで普通の化粧水を使っていて肌に合っていたし、
お値段もリーズナブルで気に入っていたので、試してみました。

 

 

 

結論からいうと、肌には合いましたが美白を目的とした場合はあまり効果を得られなかったと思っています。
むしろその間にもシミは増えてきていて(もちろんシミをなくす効果はありませんが)、
これはもっときちんとした対策をとらなければと思いました。

 

口コミで好評のアンプルールを試してみた!その結果は?

スクリーンショット 2015-09-01 15.25.59

次に試したのは、ハイドロキノンという成分の入った、
アンプルールという化粧品を試してみることにしました。
それと同時に徹底的に紫外線対策を行うことにしました。

 

 
朝起きたら洗顔と同時に日焼け止めを塗ることを日課にしました。
ゴミ捨てでも洗濯物干しでもほんの少しでも素肌で紫外線を浴びているのがいけないとしり、
朝一で日焼け止めを塗ることで効果を引き出すようにしています。

 

 

そして就寝前にアンプルールでスキンケアをして寝るようにしています。
現在も続けていますが、少しずつ効果が表れていて、肌全体が少し明るくなりました。
そばかすのように細かくシミができていたのが少し薄くなったのだと思います。
美白化粧品はたくさん口コミを調べて選び、試してみることが大切だと思います。

 

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる