Amazon輸出を始めて見た。アメリカ登録方法。kindle出版も

Amazon.comで販売してみようと、今月出品者登録をしてみた。

しかも大口出品。
その費用をペイできるかと言われたら、今月はどうかなーって感じだけど、ゆくゆくはそんなの軽く超え、利益100万円以上を狙っている。

まずはやってみなくちゃと。

中国輸入も勉強し始めた。

けど、まずは日本のものをアメリカのAmazonで売ろうかなーっと。

いろいろなビジネスに挑戦している、近頃。
うまくいくと良いなー( *´艸`)

アマゾンアメリカの小口と大口を選ぶ画面

アマゾンアメリカの出品者登録画面

AmazonのID認証

HYPER WALLET

銀行口座にはHYPER WALLETも使えるらしい。
でも私は事前に別のアメリカの口座アカウントを開いたから、そちらを登録した。

ライブビデオ通話って何聞かれるんだろーってやや緊張して臨んだが、私は別に何も聞かれなかった。

事前に画像を送っていた免許証と顔のチェックをされただけだった。

なぜAmazonに出品者登録したのですか?
何を販売するつもりですか?

って聞かれたときのために答えを用意していたのだが、全く必要なかったw

目次

kindle本のしたい出版

こちらは日本のAmazonで。
Wordで原稿を書き始め、既に70%以上は終わっている。

こちらも登録で少し手間取った。
税務情報の入力がよく分からなくて、検索してやっと理解できた。

税務情報に関するインタビュー

上は、「私は米国以外のTINを持っています」を1度チェックを入れて、それを外すと、「なぜTINを指定できないのですか?」の項目が出現した。

TINって何??って感じで、そんなの持ってないし…ってすごく困った(>_<)

けど、なんとか解決したので、一安心。
これで出版の準備は整ったね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる