MENU

化粧品ジプシーを卒業!最高の美容ツール「手」を駆使する

美しい肌、自分の理想とする肌に近づくために、
より良い化粧品を探し求めたり、
日々スキンケアに励んでいる女性、管理人を含め、
本当によく頑張っていると思います。

 

 

年齢を重ねるごとにスキンケア熱は冷めるどころか、
より熱くなり、今使っている化粧品に不満があるわけではないけれど、
もっといいものを、もっと効果のあるものをと、
欲望は増すばかりです。

 

ところが、これはという化粧品に出会える率はそれほど高くなく、
さまよっては結局定番の化粧品に戻る、
という堂々巡りをしています。

 

さまよってばかりいるのはつらいですよね?

ですから、新商品や新成分を探し求めて
化粧品ジプシーの道を歩むのをそろそろ卒業して、
手持ちの化粧品の効果を
最大限に引き出す方法
を考えてみたいと思います。

 af9920043514

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの人は、スキンケアを考えるとき、
化粧品そのものの効能に注目していますが、
それ以上にスキンケア効果を左右するのは手のチカラです。

自分の手は、使いようによっては、
最高のスキンケアアイテムに成りうるのです。

いつもと同じ化粧品を使ってスキンケアをしていても、
手の力を生かすのと生かさないのでは、
その効果は全く違ってきます。

 

 

では、手のチカラを最大限に引き出すには
どのような工夫が必要でしょうか。

 

 

まずは、手を大事にすることからはじめましょう。

スキンケアの主役である手が、
ガサガサ、ボロボロ、ひび割れしていたのでは、
良い効果は得られません。

顔のスキンケアと同じように
手のスキンケアを丁寧に行って
キレイな手を保ちましょう。

 

つぎに大切なのは、
手を清潔にしてからスキンケアをすることです。

汚れた手で顔を触ると、トラブルの原因になります。

必ず手洗いしてからスキンケアを行いましょう。

 

そして、手の温度にも気をつかいましょう。

気温の低い季節は、
指先が冷たいので、
手を温めてからスキンケアを行いましょう。

温めた手に、化粧品をとって、
そのまましばらく置いて、
化粧品が体温に近い温度に温まってから、
顔に付けましょう。

化粧品と顔の温度差が激しいと、
水分、美容成分の吸収率が悪くなります。

 

スキンケアの最後に、
手で顔全体をプレスしましょう。

ぎゅーっと力を入れて押すのではなく、
肌を丁寧に包み込むように、やさしく押さえます。

あたたかい手でプレスすることで、
化粧品の吸収率、美容効果がアップ
します。

 

最後に手に残った化粧品で、
ハンドケアを行いましょう。

キレイな手を保てます。

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる