MENU

日焼け止め商品、あなたは効果をきちんと把握していますか?

ようやくの3月、
空気も暖かさを増していて本格的な「春近し」の頃、
お肌守るべく日焼け止めなどでの
紫外線対策の季節となってきましたね。

 

 

お肌を守ってあげるということで思い浮かぶのは
日焼け止め、それに日傘や手袋、
UV効果のあるパーカーなどの衣類もありました。

UVケア

 

 

 

 

 

 

 

目次

2種類の紫外線

 

まず、一つ目は「Protection Grade of UVA」の略で「UVA波」というもの、
これはシミ・シワ・タルミの素になるもので室内にいても、
肌表面からお肌の奥まで入り込むというもの。

 

 

日焼け止め商品には(PA +~++++)などの表示がされていますが、
この(+)の表示数は紫外線防止効果の指標となるものです。
今までは(+)の表示が(+++)までの3個でしたが、
今年はPAがフォープラス(++++)という
スキンケア商品も販売されていますね。
Crema solare_001

 

 

 

 

 

 

 

 

スキンケア商品にこだわる人なら
もう購入しようと思って、
なんていう人もいますね、きっと。

 

 

それともう一つは「UVB波」というもので
「サンプロテクトファクター」の略、
「SPF10・20」などと表示されていて、
この数字は紫外線防止指数と言うものです。

 

 

例えばSPF10の日焼け止めを
きちんとお顔全体に適量まもってつけた場合、
何時間くらいの防止効果があるのか
ということが計算すれば出てくるんですね。

 

 

SPFの計算方法。効果の目安は?

 

 

(SPF1)の単位で一般的に
20分から25分の日焼け止めの効果があるとされていますから、
20分として計算するなら(20分×SPF10=200分)となり、
3時間程度は効果あり
、ということになります。

 

 

昼間のちょっとしたお買い物やお家でお洗濯物を干したりなどの
短い時間ならばSPF20などの
数値高いものでなくても十分だとされています。
女性 暑い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋外での数時間ものレジャーや海水浴などの時なら
SPF30や50というようなものでも合うようですが、
普段の日常生活で高い数値のものを使い続けるのは、
肌に負担がかかると言われています。

 

高いSPF値の日焼け止めで、肌にかかる負担とは?

 

この肌負担とは何かというと、
分泌された肌からの皮脂とまじり合ってしまい、
シミやシワとなることが多いのだそうです。

 

 

あぶら取り紙で拭き取って、
汗かいた日などは丁寧な付け直しも必要とされています。

 

 

日焼け止めで数値の高いものを使用している人ほど、
このシミやシワでお悩みということもあるそうですから、
最近肌にいいと言われている「ノンケミカル処方」なども
数値といっしょにチェックしてみるといいですね。

 

 

日焼けしたくないとの思いから
SPF数値が高いもの選びがちですが、
お天気や一日の予定に合わせて
使い分けするのがベストですね。

 

 

 

モンドセレクション2014金賞のコスメとは?

モンドセレクション2014
金賞を受賞したアンプルール
皮膚の専門家が開発した美白化粧品として、
大変注目を集めています。
肌奥のシミ予備軍に、徹底アプローチ!
メラニンがつくられないよう、
作用してくれるコスメです。
美白成分に詳しい方は、
ご存知であろう
「新安定型ハイドロキノン」
を配合
雑誌にも多数掲載され、
数々のベストコスメを受賞。
世の女性たちに大人気となっています。

 

本サイトでは、
美白化粧品として、
サエルをおすすめしていますが、
こちらも試してみる価値のあるコスメだと思っています。
今あるシミも、未来のシミも。アンプルールのW美白

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる