MENU

『ハイドロキノン』は皮膚科で処方してもらおう!25度以下で保存する

『ハイドロキノン』
そのような強い薬は一般には、医師の処方によってしか手に入らないものですが、
現在ではネットで購入する方もいるため、配合率には気を付けたいところですね。

 

 

 
一番良いのは、きちんと皮膚科で処方してもらうことです。
そして肌トラブルが起きた際には、すぐにその医師に相談すると良いでしょう。

a80ba4ccec481e15507b7d67397425e5_s

 

使用回数を守り1日多くても2回にする、顔全体に塗らない、分厚く塗りすぎない、ということも注意したい点です。
それだけ強いものなので、妊娠中や授乳中には使用しないことが推奨されています。

 

 

 

 

保存する時には、皮膚科処方のものでも配合された化粧品でも、
冷蔵庫で保存した方が良いです。
ハイドロキノンは、酸化が進みやすい薬なので必ず25度以下で保存するようにしてください。

 

 

 

 

美白にはおすすめのハイドロキノンですが、高い効果が望める分、刺激も強い薬品です。
化粧品とは違うものなので、きちんと使用方法を守り、肌の状態に合わせて調節するようにして下さい。

 

 

 

 

肌に合わない場合は、刺激の少ないハイドロキノン配合の美白化粧品がおすすめです!
これなら、顔全体に1日何度も使用しても問題ないですよ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる