MENU

セラミドで肌の衰えに終止符

肌の老化はどういう所で実感しますか?

 

目に見えるシワやシミ、たるみなどは最もわかりやすい老化現象ですよね。

 

他にも化粧のりが悪くなった、顔がむくむなど他人は気づかなくても自分にはとても気になることもあります。

 01.mirrorンチエイジングが必要な年代はそういう老化を感じる世代だとも言えますが、個人差もあって何歳からどうというのはないかも知れませんね。

目次

私たちは生きているので、肌の状態によってケアを変える必要性がある 

化粧品では含まれる成分や量を年代別に変えてターゲットを決めて売り出していますが、それをそのまま自分の年齢に置き換えるだけではダメなこともありますね。

 

 

ホルモンバランスやストレスなど、様々な環境で肌の調子も変わり易くなる中高年では、その時の肌の状態に合ったスキンケアをしなくてはいけません。

 

 

例えば自分は普通肌だと思っていてスキンケアをそのようにしていても、突然カサカサになってしまったりニキビが出来てしまったりすることがよくあります。
ニキビ 肌荒れ

若い時から敏感肌の人は、化粧品選びもとても慎重にしますね。

 

無添加とかオーガニックと言っても、その人に合わないものだとお肌がトラブルを起こしてしまいますからね。

 

反対に自分は敏感肌ではない、何でもOKだという人も沢山います。

 

 

ブランドもあまりこだわらないから、何となく雑誌やコマーシャルなどで自分の年に合ったものを選んでいるという人も少なくありません。

 

けれどもそういう人でも突然肌の調子が変わることがあるのです。

 

近頃かさついてきたな、とか、ニキビみたいなのが時々できるようになったな、とか思っていても案外そのままにしておく場合もあります。

 

 

老化現象のひとつに保湿力の低下があります。

 

肌の奥で潤いをキャッチする、セラミド成分がなくなったりするとスキンケアで補った水分や美容成分もしっかり留めておくことができなくなるのです。

セラミドを補えるエイジングケア化粧品があります。
参考:ナノセラミド配合、新エイジング化粧品アヤナス

また肌は水分と油分をちょうど良いバランスで保つ力がもともとあるのですが、老化とともにそのバランスをくずしてしまいがちです。

 

バリアと良く言われますが、自分で守れなくなると水分が外に蒸発していき、バイ菌なども受け入れやすくなってしまうのです。

 

乾燥しているのにニキビが出来たりするのも、バランスのくずれからセラミドも失われていることになるのです。

 

自分は敏感肌じゃないと思っても、肌にトラブルが生じた時は、いつものスキンケアを見直して敏感肌用のアイテムに変えることも必要でしょう。

 

敏感肌の方でも安心して使えるエイジングケア化粧品があります。
参考:敏感肌でもキレイになれる!ナノセラミド配合のエイジングケア化粧品アヤナス

壊れたバリア機能を回復することが一番大切なのです。 

 

 

その時々でスキンケアを見直すことが、実はエイジングケアでは重要なことだと言えますね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる