MENU

なぜできるの?消したいシミのお手入れの仕方

年齢が上がると、
しわと同時期に出てきて
気になりはじめることが多いシミ。

日焼け止めや紫外線対策など、
できることはやってきたのに
それでもできてしまう。

何とか消したいこのシミ。

どうにかできないものなのか、
調べてみました。

原因を知り、
しっかりとお手入れしていきましょう。

肌トラブル

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

 <シミの原因は?>

シミといっても、
いろいろな種類があることを知っていましたか?

ケアしていたのに、
シミができ始めていたというのはこの理由のせい。

一番認知度が高いのは、
紫外線だとおもいます。
女性と直射日光

 

 

 

 

 

 

それ以外にも、
女性ホルモンの分泌異常や、
ストレス、炎症、加齢なども原因になりえるのです。

では、種類ごとに対策を紹介していきましょう。

あなたのシミの種類は?

point1
肝班

これは、
一般的にシミと呼ばれているものです。
顔に褐色のシミができるのです。

表皮の中の一番下にある
メラノサイトという細胞が
何度もメラニン色素を作ることで
沈着してしまったものなのです。

point2
そばかす

メラノサイトの細胞そのものが
日焼けで変質してしまっているものなのです。

紫外線を浴び続けると
数が増えたり
色が濃くなったりします。

point3
スポット班

これは高齢者の額から頬に見られるシミで、
原因は現在はっきりとしていないのです。

老化により皮膚が変化した
というのが有力です。

<できてしまったシミのお手入れ方法>

できてしまったからといって、
あきらめることはありません。

正しいお手入れをすれば、
完全に消し去ることは難しくても、
目立たなくすることはできるのです。

・ビタミンC誘導体

シミやしわのケアに一番有名なのは
ビタミンCではないでしょうか。

防ぐだけでなく、
できてしまったシミを
薄くしてくれる効果もあるのです。

さらに、ビタミンCの中でも
「ビタミンC誘導体」というものがあります。

ビタミンCよりも吸収力が高く、
酸化を防ぐ効果も持っています。

化粧品などでは、
このビタミンC誘導体が配合
されているものを使うといいでしょう。
参考:ビタミンC誘導体配合、新ホワイトニングケア・サエル

また、外だけでなく、
中からも補充するために
サプリメントなども効果的です。

 

<女性ホルモン>

女性ホルモンは、
シミの原因となる
メラニン色素と関係があります。

排卵から生理までの間は、
メラニン色素が出やすいようになっているのです。
女性ホルモンが多いと、
メラニン色素は作られやすい状態になります。
妊娠中の女性

 

 

 

 

 

 

 

 

女性ホルモンの多い妊娠中などは
少量の紫外線でも影響をうけてしまうので、
気を付けたいものです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる