MENU

口もとのしわが気になる。そんなときは・・・

鏡を見た時に、
口もとにできる、ほうれい線や唇の周辺の小じわが
気になってきたら、
お肌の老化が始まっているサインです。
シワのケア

 

 

 

 

 

 

会話をしたり、笑ったりで、
常に、ほうれい線や唇の周辺のシワは
できやすい環境です。

将来、ほうれい線が気になって
笑えないというのを防ぐためにも、
アンチエイジングでできるだけ、
老化を遅らせていきましょう。

目次

口もとのエイジング症状

ほうれい線

小鼻の両脇から口もとの
両サイドに伸びた2本のシワのラインです。

鼻を挟んで「ハ」の字の形で出ます。

老けた印象に見せる、張本人です。

表情筋の衰えで
より深く刻まれることがあります。

唇の周辺の小じわ

物を食べたり、会話をしたり、
唇は常に動いているため、唇の周辺の皮膚は、
目の周りの皮膚と同じくらい薄くできています。

そのため乾燥しやすく、
とてもデリケートな部分なので、
目元と同様に乾燥による小じわができやすいのです。

マリオネットライン

唇の両サイドから
あごに向かってできる縦じわです。

筋肉の衰えで
頬の脂肪が支えきれずに
たるんできたためにできるシワです。

アンチエイジング対策

日焼けに注意 紫外線による、
お肌の酸化作用は、老化につながります。

紫外線は、
肌のハリ、弾力を生むコラーゲンにダメージを与え、
しわやたるみができやすくなっていきます。

晴れた日の外出時や、
戸外での運動や仕事の時は
日焼け止めを忘れないでください。

 UVケア

 

 

 

 

 

 

内側からのケア

お肌の弾力性を高めるために、
保湿は欠かせません。

保湿することにより、
乾燥による小じわが軽減されます。

また乾燥している肌は、
外部からの刺激に弱いので、
保湿をすることで、
外部からのダメージに強くなることができます。

コラーゲンの元となるタンパク質、
抗酸化作用のある
新鮮なフルーツや野菜は
バランスよく食事から摂りましょう。
スムージーを飲む女性(白背景)

 

 

 

 

 

 

 

 

スキンケア
レチノール、ビタミンC、ペプチド、ヒアルロン酸
配合されているスキンケア製品は
アンチエイジング効果が高いので、
購入の際に、こういった有効成分を確認するとよいでしょう。

マッサージ をして口もとの筋肉をほぐし、血流をよくしましょう

こりかたまった状態にしておくと、
たるみにつながります。

point1

 

アンチエイジングクリームをお顔全体に塗った後、
両手を鼻をかむ時のように、
鼻の両脇から両手の人差し指をほうれい線に沿わせ、
親指はあごの下につけて下さい。

ほうれい線を軽く押します。

手の温度で、クリームの浸透がよくなります。

 

point2

 

1のポジションから、
そのまま人指し指を顔に密着させたまま、
人差し指をこめかみの方に
ゆっくりと優しくスライドさせて頬を引き上げて下さい。

5回繰り返します。

両頬の筋肉のコリをほぐします。

 

point3

 

両手の親指と人差し指で顎をはさみ、
顎先から耳の下のフェイスラインを5往復
優しくもみほぐします。

 

point4

 

親指を使い、耳の後のくぼみを押します。

リンパの流れが良くなり、
老廃物を流す働きがあります。

 

point5

 

最後に、両耳を引っ張ります。

リラックス効果があります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる