弁当の節約効果は?金額を計算してみた。

あなたは今日は何を食べましたか?
ランチは外食でしょうか?

それならお弁当の持参を心からオススメします(*^_^*)

とっておきの節約術は「お昼に手作り弁当を持参する」こと。

仮に毎日お昼ご飯をコンビニ弁当で済ませたとすると、お弁当が一つ500円だと仮定して、月11,000円がお昼代としてかかります。

単純計算で、1年間132,000円かかることになります。
ですが手作り弁当なら一食100円もかかりません。

【時短術】早起きしなくてもお弁当は持っていけます。

手作り弁当は早起きして作るイメージがあるかもしれませんが、私はお弁当のために早起きしていません。

時間のあるときにおかずを作り置きしておいて、朝起きたら弁当箱に詰め込むだけの状態にしています。

この方法をとるだけで約5分でお昼のお弁当を作ることができます。
たいして手間もかからず節約することができるので続けることができます。

ガッツリ系をメインに作り置きしてます。

おかずは卵焼きや、焼きそば、鶏のから揚げなどお弁当以外に夜ご飯としても食べれるものを中心に作り置きしています。

なので平日の夜に時間がないときは作り置きしていたおかずを夜ご飯に回したりすることもできるので一石二鳥です。

お昼に手作り弁当を持参するのはわたしにとって究極の節約術です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA