MENU

糖化を防ぐために私は選んだ|食生活を見直しに役立つ情報アラカルト

あなたは炭水化物が好きですか?

 

 

管理人は大好きなんです。
ご飯は茶碗に山盛りにしているし、お菓子(特にチョコレート)が大好きで3時のおやつの時間に限らず、食べたいときは口にしていました。
甘いものを食べる女性

でも最近、お菓子の量を少し減らしてみました。 だって、糖分の摂り過ぎは肌の糖化を招くというではありませんか。

 

 

管理人は小さい頃から色白で羨ましがられました。
しかし、ぷっくりと太っていて顔の造作も悪いので、色白を除けば褒められたものではありません。

 

 

ですから顔が黄ばんでくるのは、わたしにとっては大ピンチなんです。
なんとか食い止めなければ・・・

 

 

糖分を摂取すると、血糖値が上がります。
しかしあまりにも糖の濃度を下げる働きをもつインスリンというホルモンがすい臓から分泌されます。

 

 

しかし、インスリンの仕事が追いつかなくなると、増えすぎてしまった糖がタンパク質と結びついてAGEs(Advanced Glycation Endroucts)という終末糖化産物になってしまうのですね。

 

 

それが肌のしわやたるみ、黄ぐすみなどに通じてくるのです。
それは避けたいですよね。
やっぱりきれいに見られたいもの。

 

 

食事面で気をつけることといえば、お菓子は控えること。

まずは食物繊維の多い野菜(ゴボウ、カボチャ、ホウレン草など)を口にしてから、ご飯やおかずに手をつけることでしょうか。
spinach

血糖値を急上昇させないことが大切なのです。

 

 

肌への影響だけではなく、糖分を摂取し過ぎると糖尿病やアルツハイマー、骨粗しょう症のリスクが高まりますから、自身の健康のためにも食生活の見直しを進めたいところですね。

 

 

なお、糖化にアプローチするなら化粧品を見直すのも良いですね。
参考:黄ぐすみに悩んでいませんか?新エイジングケア、アヤナス

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる