MENU

オイルクレンジングの正しい使い方を知っていますか?

オイルクレンジングは、肌に悪いとよく耳にします。

しかし、扱いやすく汚れ落ちにも優れているので、愛用している方がたくさんいることも事実です。

肌に悪いと言われながら、オイルクレンジングを使っている全ての人の肌が傷むわけではありません。

正しく使えば、何の問題もないはずです。

肌に悪いと言われながら、たくさんのオイルクレンジング剤が販売されているのには理由があるはずなのです。

 

では、なぜオイルクレンジングが肌に良くないと言われているのでしょうか。

それは、界面活性剤が配合されているからです。

界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせるために必要な物質です。

これを配合することで、滑らかなは肌触りと、油分を溶かす作用を実現しているのです。

しかし、界面活性剤は強い洗浄力を持つので、肌の負担になるのも本当です。

特に、乾燥肌や敏感肌なら、悪化を招きかねないので使わない方がいいでしょう。

cleansing

 

でも、健康な肌なら正しく使うことで、スキンケアに役立つのも事実なのです。

オイルクレンジングは、顔全体のメイクを落とすというよりも、アイメイクなどの濃い部分に使いましょう。

メイクを落とす力が強いので、薄化粧に使うと肌に必要な皮脂まで根こそぎ落とすことになります。

サラリとして指通りが良いので、強くマッサージをしがちですが、必要以上にクレンジング剤を肌にこすりつけても負担になります。

洗浄力が強い分、擦らなくてもメイクはきれいに落とすことができます。

 

クレンジング後の洗顔も大切です。

オイルクレンジングが肌に残らないように、しっかりと洗顔する必要があるのです。

特に、ニキビや吹き出物が出来やすい人は、注意が必要です。

少しでもオイル成分が肌に残ると、ニキビや吹き出物を増やすことになります。

しっかりと泡立てた洗顔料で、包み込むように優しく丁寧に洗ってください。

ぬるま湯で、しっかりと洗顔料とオイルクレンジング剤を洗い流します。

 

ここまで、気を付ければオイルクレンジングは正しい力を発揮してくれます。

使いづらい、落ちづらいと思いながら別のタイプのクレンジング剤で顔のマッサージをするよりも、オイルクレンジングを利用して短時間でサッとメイクを落とした方が肌に良い場合もあります。

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる