給料日にすること。お金が貯まる人はコレをやっている!?

節約術の基本にして奥義、それは記録をつけることです。

まず給料日など収入があった日に必要な額を銀行から引き落とし、毎月使うお金を目的別に封筒に振り分けます。

振り分けは細かく「食費・光熱費・日用品・医療費・通信費・交際費etc…」などと分けても良いし、ざっくりと「毎月引き落とされるお金とそうでないお金」の二分割でも良いです。

あなた自身の性格を考えて細かくきちんと仕分けしないと気が済まない場合は細かく、めんどくさがりで細かいことは続かなそうであればざっくりとで良いです。

引き落とされるお金とカードで支払った場合はその分を封筒から抜いておいて月ごとにまとめて銀行に入れます。

つもり貯金をすることで、お金が貯まっていく

クーポン券や貯まったポイントでの購入などで浮いたお金は「つもり貯金」として貯金箱Aに入れます。

封筒に残ったお金は「もしも貯金」として貯金箱Bに入れます。

「つもり貯金」は浮いた分のお金を払った「つもり」のお金なので、これはつもり貯金専用の口座を作って貯金します。

「もしも貯金」は、急な出費が続いたりしてどうしても封筒のお金でやりくりできない「もしも」も時のための貯金です。
これは調整用のお金なので手元に置いておきます。

このやり方で自分が毎月どのくらい使っているか把握することが節約の第一歩になります。

このような工夫であなたの生活をより良くデザインしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA