MENU

リーズナブルな物でもきれいになれる!

あなたは、メイクは何歳からしていますか?

コスメイメージ

きっと早い方で中学生….ポイントメイクだけなら
もっと早くに興味を持って
メイクをしたことがあるかもしれませんね。

メイクで素敵になれただけ、
実はお肌の「老化」を早めていること
をご存知でしたか?

 

目次

ファンデーションが与える老化

今回はメイクと「老化」についてお話します。
リキッドやパウダーなど
ファンデーションを使って顔を綺麗にしますよね。

このファンデーション。

これが老化のもとなのです。

ファンデーションは肌にとってはラップのようなもの。

ラップを口に乗せてみてください。

呼吸は出来ますか?

そうです。

ファンデーションをした肌は
肌呼吸がうまく出来ない状態になっている
のです。

呼吸がしにくくなった肌は、
自ら綺麗な肌になろうとしている動きが
上手く出来なくなってしまいます。

 

 

それだけではありません。

ファンデーションはきちんと落としていますか?

表面上では綺麗に見えても
毛穴に詰まったのを諦めたり、
メイクしたら
こうなるものとそのままにしていませんか?

その「ほったらかしファンデーション」が
最大の老化進行のもと
です。

 

 

ほったらかしファンデーションは日に日に酸化し、
くすみや黒ずみになります。

そして、綺麗に落とされなかったところへ
いくら高い化粧水や乳液、クリームを塗っても
ファンデーションで蓋をされた毛穴からは
肌へ浸透はほとんどしません。

蓋に蓋をしたような状況です。

すると、乾燥が目元口元で
起き目の周りのシワ、口の周りのシワが出来やすくなります。

 

 

ファンデーションを使用する機会を減らしメイクの仕方を変える

これは管理人自身現在も行っていますが、
肌トラブルが減るどころか
肌のトーンが上がった感じがします。

その方法は、
普段メイクのファンデーションを
「ベビーパウダー」に変える。

これだけです。

ファンデーションほど
カバー力はもちろんありませんが、
カバー力がない分、肌への負担はかなり減ります。

先程ファンデーションは
ラップを乗せた状態とお話しましたが、
ベビーパウダーは
ティッシュペーパーを乗せた状態に近い
です。

しかも、ベビーパウダーの性質が
水分調節をする作用がありますので
肌が乾燥することもありません。

水分油分のバランスが
ちょうどよく保たれた肌で過ごすことが出来ます。

赤ちゃんの肌に使える物なので
肌トラブルを起こすようなことが少なくなっており、
毛穴に詰まることはありませんので
スキンケアも浸透しやすくなります。

コストパフォーマンスも
ファンデーションを買うよりかなり安いので、
是非試してみてください。

 

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる