MENU

紫外線カットのシンプルな鉄則!UVケアの仕方と美白成分について

シミやシワなどを作ってしまわないようにケアをすることは、
美肌作りの中では特に大切なことでもあります。

特に日焼けをしないように、
UVカット力の優れた帽子や日傘などを
利用するのはもちろんのこと、
お部屋の中に居る場合にも紫外線には気を遣いたいものですね。

UVケア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UVカットケアには、日焼け止めが一番有効ですが、
その種類には様々なものがあるのです。


まず、紫外線B波を防ぐ効果があるSPF値と、
紫外線A波を防ぐPA値がありますが、
これが高ければ高いほど
お肌を紫外線や日焼けからお肌を守ることができる
のです。

 

 

SPF値は今のところ50が最高であり、
PA値はPA++++が最高値です。

ですので、より海や山など日差しの強い場所に出かけるときは
高い機能を持ったUVカットを選ぶことも重要です。

 

 

さらに、日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。


お肌の弱い方は紫外線散乱剤を使うほうが良いのですが、
紫外線散乱剤には酸化チタン・酸化亜鉛が使われることもあるので、
金属アレルギーのある方などは、肌荒れをしたいように成分を調整されているのかを
きちんと調べてから日焼け止めを購入することも大切ですね。

 

 

また、日頃のスキンケアのお手入れなどは、
できるだけ美白効果の高いコスメを利用することが大切です。

美白ケアの成分として定評のあるのがビタミンCですが、
最近は様々なビタミンCが開発されています。

最近人気の成分は
高浸透型水溶性ビタミンC誘導体(APPS)などですが、
お肌に浸透しやすい油溶性ビタミンC誘導体などもとても人気がありますよ。

 

 

さらに、最近美白の効果もあると言われているのが
ビタミンC172
の効果を持つというフラーレンです。

こちらも高機能のエイジングケア化粧品などには
最近よく配合されている成分です。

高い抗酸化力を持つ成分ですので、
加齢によるお肌のたるみや、
シミ・シワを改善したり予防する効果もあります。

 

 

このようにたくさんの美白の成分や、
ケアに良い商品などがありますが、
最初はその成分を少しだけ試してみて、
肌に合うようであればコスメの中に取り入れていくようにすると良いです。

 

このような美容成分は、
化粧原料のお店などでも気軽に購入することができるので、
アンチエイジングや美白ケアを求める方は、
少ない量からコスメに入れて使ってみるもの良いですね。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる