待機電力の節約方法。

待機電力を節約は意外にバカになりません。

待機電力というのは、コンセントを繋いでいると電源を入れていなくてもかかってしまう電力のこと。

家電によってかかる電力は、それぞれの機器によって違いますが電力がデカイ機器になると待機電力も相当かかってしまうため料金が多くかかってしまいます。

待機電力の節約に効果があるのはなあに?

コンセントから使わない機器を外しておくということです。
コンセントを外しておけば電力がかからないため電気料金が上がることはありません。

意外と待機電力が高いのはエアコンと延長タップです。

延長コードは、何個かコンセントがついてありコンセントに機器が繋がっているとその電力分がかかってしまうため、延長タップは必ず外して出掛けるようにしていました。

また、エアコンも使わない時はコンセントを外すようにしていました。

エアコンですが使うときは、涼しくなったら消し涼しくなったら消しを繰り返すより、継続的に数時間使う方が安くなります(^^♪

エアコンは単発で使うと立ち上げに電力を使っているため料金が高くなってしまいます。
なので、この方法で電気代を抑えていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA