MENU

乾いた女性は卒業!肌の水分量を上げぷるっぷるになる方法

スキンケアは、肌の水分量を上げ、その水分量を守るために保湿することが重要です。
今回は水分量を上げることと、それを守るために保湿すること
この2つについてアプローチしていきます。

 

目次

肌本来の水分量を上げる

多くの女性の肌は水分量が絶対的に不足しています。
敏感肌 肌トラブル 悩み イラス

ご自身では十分うるおっていると思っていても、
夕方になると乾燥が気になる方や、
普段化粧水をたくさん使用していない方は、
肌の水分量が不足しているとお考えください。

 

 

参考:肌の水分量を上げる方法!セラミドでピンっ!としたハリを

 

この水分量を増やすためにはいったいどうしたらよいのでしょうか。
その答えは、化粧水を賢くたくさん使用することです。

 

 

 

スキンケアの化粧品というと、多くの女性が高機能クリームや美容液に注力し、一方で、化粧水は軽視する傾向にあります。

 

 

高機能クリームや美容液も重要なのですが、肌という基盤がしっかりしていない状態で、高機能のものを多用しても、効果は半減します。
まずは、化粧水を肌にたっぷりしみこませるのが重要です。

 

正しい化粧水のつけ方は?

1回の使用で、両手にあふれんばかりの化粧水を肌につけても効果はありません。
もっとも効果的なつけ方は「重ねづけ」です。
スキンケア

 

 

化粧水をつけて、それが半乾きになったら、再度化粧水をつけなおします。
これを10回ほど繰り返し、肌が手に吸い付くようになれば、水分の補給は完了です。
この方法を毎日続けると、肌がプルプルと見違えるようになります。

 

蓋をする

 

そして次に重要なのが、この水分量を守るための保湿です。
せっかく肌に充足した水分も、しっかり蓋をしなければ蒸発してしまいます。
そのため、保湿は基本的にこまめに行ってください。

 

 

 

朝は、しっとりした乳液やクリームで蓋をし、夕方ころに乾燥が気になるようであれば、再度それらを重ねます。

img_02 
この時、手で温めて使用すると、肌なじみが良くなるので効果的です。
そのほか、皮膚の薄い目元に関しては、
アイクリームなどで
1~2時間おきに乾燥対策をしてあげる様にしましょう。

 

 

夜は栄養を与えるために美容液はもちろん、
高機能のクリームを使用してもよいでしょう。
とにかく肌の水分を閉じ込めるように、
油分のあるものを使用してください。

 

 

 

これらの地道なスキンケアにより美肌は生まれ、そして保たれます。
美は1日にしてならず。
乾いた女性ではなく、しっとり潤った女性を目指しましょう

ビューティーイメージ

 

肌の水分量を上げるためにベストな成分は?

 

 

それは、「セラミド」です。
肌のうるおいは、細胞間脂質、天然保湿因子、皮脂によって保たれています。
その細胞間脂質の主成分であるセラミドを補うことによって、 肌の水分量がぐっと上がるのですね。

 

 

セラミドについては、以下のページを見てくださいね。
参考:肌の水分量を上げるには?鍵はセラミドだった!

 

 

 

「セラミド」といっても、 さまざまな種類があります。
そのなかでも最も保水力が高いのが、 「セラミド2」 です。
そのセラミド2をナノ化して高い浸透力を実現したのが、 アヤナスになります。
敏感肌用のブランドなので、 肌の弱い方にもおすすめできますね。

 

⇒高浸透セラミドで保水! ピンっ!としたハリを手に入れませんか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる